校長室

賀茂小学校グランドデザイン

平成29年度グランドデザイン.pdf

「魅力ある学校」をめざして

1 理想とする学校像

私が描いている魅力ある学校とは

『子どもと教師が、よりよい生活をしようと目標を持ち、その目標に向かって努力し、活性化のある学校。

教師と子どもが授業に真剣に取り組める学校』である。

2 理想とする学校経営を実現させるための手立て

(1)教職員の資質・能力と専門性の向上を図ること

・確かな学力の定着や心の教育の充実、体力の向上など教育諸課題に対する研修の充実

・活力ある教育活動を教育諸条件の整備・充実→教職員の校務分掌の充実

(2)家庭・地域・学校による協働推進を図ること

・地域に根ざした特色ある学校行事の充実

・地域ボランティア活動の組織作りと学校と密なる連携

3 これまで経験を振り返って(教育活動を推進するために大切にしたいこと)

(1)「すべては子どものために」「まずは動く」

・動けば必ず何かが見える  

・動けば必ず何かが分かる

・動けば必ず何かが身につく

(2)人間力=三現主義+三見主義    ※現場主義

『人が財産』人材を育成することが最重要課題

《三現主義》 《三見主義》

①現場に行く ①見て・・問題(現実)を素直に見て(受け止める)

②現物(現状)を知る ②見抜いて・・真の問題(本質)を見抜いて

③現実的であること ③見極める・・対策方法を見極める

現場の様々な課題を解決に導くこと

PAGE TOP